先日の各種手続きでは、変更のための書面の提出が中心でしたが、
これらの実体的な切り替えが進んできています。
つまり、お金の支払いですね。。。
まずはペイジー(ネット経由での支払いシステム)で健康保険料の支払いを行い、
次に銀行へ行き、弁理士会の12月分会費を納めてきました。
今までは給料天引きや所属事務所経由で支払ってもらっていましたが、
一時的にこれらの支払い方法、支払いタイミングが変わり、個別対応する必要があります。
今度は、これらをどのように支払うか、決めないといけません。。。

午後からは、先日作成した特許明細書のチェックが戻ってきたので、その修正作業を行いました。
発明者様のコメントを参照して、意図に合うように追加、修正していきます。

明細書作成はどうしても独りよがりになりがちです。
原稿のチェックをしていただき、発明者様や知財部の方から頂くコメント(反応)は、とても重要です。
これにどう対応するかで事務所の評価が決まるといっても過言ではないでしょう。