クライアント様である某社の社長さんから
以前にクライアント様が特許出願している案件の状況を
調べて欲しい、という要請がありました。
この出願は別な弁理士さんの代理で出願されているものです。

話しの筋からすれば、その弁理士さんに問い合わせるのが良いと思いますが、
どうやらあまり上手くコミュニケーションが取れていないようです。

この案件についてJ-platで経過を調べてみると、
自分なら違ったアプローチで対応するだろうという経過になっています。

早々に社長さんに状況をお伝えしたところ、
今後の対応を私に任せたいとおっしゃって頂きました。
私としても、なんとかサポートさせて頂きたいところですが、
この出願は共同出願になっているため、共同出願人様の許可も必要になります。
また、現在の代理人弁理士さんにも筋を通す必要があります。

社長さんに信頼して頂けて嬉しい限りです。
すんなり移行できないもどかしさも感じているところですが、
この技術は「絶対に権利化すべし!」と強く感じていますから、
自分のできる限りの対応をしてみようと思います!