先日、知財相談に来られた若き開発者さんは、
開発中のものを権利で守りたい、とのお考え。

ご相談に来られたタイミングとしては非常に良いと思います。
実際に物を売り出したり、出品してしまうと新規性を失ってしまうからです。

そういう意味では、知財に対する意識が非常に高いお方です(素晴らし~)。

いろいろお話をさせて頂いたなかで、
やはり権利を取るための金銭面の問題が大きな壁になることが分かります。
中小個人の方では、知財にかけられる費用は多くないですから…

権利の必要性は十分に分かっているが、権利を取るには費用がかかる。
費用をかけて権利を取れば実施化に弾みがつき、費用を回収できる。

出願の段階で発明の有用性が分かっていれば、資金援助のハードルは低くなるでしょう。
しかし、これが分かっていれば誰も苦労しませんよね…

すばらしいアイデアがあっても資金がなくて権利化できずにあきらめてしまう。
これでは結局経済の活性化や、さらなるアイデアの創出に繋がらない。

このような悪循環にならないように、知財に関する権利化業務だけでなく、
資金に関するアドバイスも含めたプランの提示ができないかなぁと、
考えているところです。