ワールドカップと言えば、今はラグビーでしょうか。
ラグビー日本代表もすごくレベルアップしていて、
期待してしまいますね。

さて、ワールドカップはバレーボールも開催中です。
先週まで女子、昨日から男子が始まりました。

申し訳ないですが、日本男子、厳しいかな。。。と思っていました。

昨日のイタリアのスタメンの身長をみて、あきれました。
セッター以外、みんな2m超え~ですよ。もう反則ですよね(笑)。

テレビ中継が始まり、気楽に観ていましたが、
だんだん、「あれっ」「何かいつもと違うぞ」「日本、結構いけてる」
と思うようになって、どんどん引き込まれていきました。

サーブ、レシーブ、ブロック、スパイク、セットアップ、全ての要素で
正確さ、速さがレベルアップしています。

さらに、ラリーの中でもリズム変化があって、相手が的を絞れない感じです。
まさに、背の小さい(といっても普通からすれば大きいですが)日本ならではの
プレースタイルになっています。

特に日本のリベロ、山本選手のレシーブが凄いです。
山本選手の身長は171cmだそうです。
リベロなので身長は関係ありませんが、リベロを目指す人にとっては
励みになりますね。

サーブレシーブ(今はレセプションと言うらしい)でも山本選手、
スパイクレシーブ(今はディグと言うらしい)でも山本選手がからみ、
日本の起点となっています。
セッターの関田選手は、山本選手から返るボールを信頼していて、
安心してトス回しに集中できている感じです。

試合の中で、一発で決められてしまうシーンが少なく、
繋いで粘って日本のペースに持ち込む。
今までは、粘ってもボールを返すのがやっとでしたが、
苦しいラリー中でも、点を取るために組織的に動きができていて、
相手に余裕を作らせない。

昨日のイタリア戦で最高に興奮したシーンがこちらです。

【フジテレビ公式】ワールドカップバレー2019
<ファンタスティック投票・第2セット/10月1日(火)[男子・開幕戦]日本vsイタリア>

https://youtu.be/0hG6ddKNROI

こんなプレーをされたら2m級のイタリアもお手上げですね!

まだ10戦ありますので、活躍を楽しみに応援したいと思います!