非常に使いにくくなった特許庁データベース(J-PlatPat)。
公式ページでもお詫びが掲載されています。
そうとう苦情があるのでしょう。。。

https://www.inpit.go.jp/j-platpat_info/othersinfo/20190520.html

ーーー以下、上記URLのページ記載引用---
J-PlatPat ユーザーの皆様へ

令和元年5月20日
 5月7日以降J-PlatPatサービスにおいてご不便をお掛けし、誠に申し訳ございません。
この2週間、応答の遅延やPDFファイルの容量に関するユーザーの皆様からいただいております改善要望につきまして、鋭意対応を進めてきております。
応答の遅延につきましては、ハードの増強、ネットワーク構成の見直し等の措置を講じた結果、著しい遅延が発生するような状況は解消しておりますが、引き続き性能の向上を図ってまいります。また、PDFファイル容量を小さくする対処については、5月末までの改善を目指して作業を進めているところです。その他のご要望につきましても検討を進めており、ユーザーの皆様のご期待に応えるよう、早急な改善を図ってまいる所存です。
引き続き、J-PlatPatをご利用いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

ーーー引用ここまで---

いろいろ問題ありのシステムですが、
良くなったところを少しだけ。。。

(1)特許の近傍検索がしやすくなった
いままでも近傍検索は使えていました。
しかし、キーワード入力ボックスに直接記号を入力(例えば、5Cとか5Nとか)するので、
少し面倒でした。

これが、キーワード入力ボックスの横に「近傍検索」のボタンがあり、
ここを押すことで入れやすくなりました。

近傍検索は、例えばこんなときに使います。

「レーザーマーカー」というキーワードで検索すると、
「レーザマーカ」はヒットしません。

そこで、近傍検索を使います。
「レーザ,1C,マーカ」と入力すると、
「レーザ」に1文字以内で「マーカ」が続くもの、つまり、
「レーザマーカ」
「レーザーマーカ」
「レーザーマーカー」などを全て検索できます。

レーザマーキング、レーザマーク、レーザマーカなどをヒットさせたいときは、
「レーザ,1C,マー」で検索します。

近傍検索は上手につかうと検索漏れを少なくできますし、
余計なもの(検索ノイズ)も少なくできます。

(2)特許検索の結果が「年度」「分類」ごとに件数表示される点
検索を行って一覧表示されますが、その上に、年度ごとに何件、
FI分類ごとに何件、というように該当件数が表示されます。

この件数表示をクリックすると、該当するものだけが絞り込まれます。

例えば、2019年(1件) 2018年(4件) 2017年(9件)…
と表示され、この件数部分をクリックすれば、その年のものだけ表示されます。
少しだけ絞り込みやすくなりました。

こんなところでしょうか。。。