先日、特許庁から2通の特許査定が入りました。
1通は開業まもないころにご紹介頂いたクライアント様の案件です。
お声がけ頂き、直ぐ現場へかけつけ、説明を伺い、
試作品をお借りしての明細書作成でした。
現物を眺め、実際に使用してみて、
類似品との違いや有利な点を抽出しました。 

もう1通は他のクライアント様の案件ですが、
2度拒絶理由通知をもらっている案件でした。

1回目の拒絶理由通知で応答し、その拒絶理由は解消したものの、
新たな引用文献が見つかったため、2回目の拒絶理由となりました。
2回目の拒絶理由で程よく補正しつつ、意見書で反論を加えました。
これが実って、特許査定になったところです。
落としどころを見据えながら、可能な限り広い権利範囲で特許査定に
導けたと思っています。

インターネット出願ソフトで特許庁からの発送書類を受け取り、
ファイルを開くときは、いつも合格発表を見る気分です。。。