PPAPは商標問題でも話題になっていますね。
出願している方は知財業界では有名です。
流行言葉を手当たり次第に出願。しかも料金払わずに。

制度の隙間をついたやり口です。
ん~、困りましたね。。。

特許庁では、去年5月に、たぶんこのことに対しての注意喚起をしています。

https://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/shutsugan/tanin_shutsugan.htm

つまり、大量出願のほとんどは出願却下になるので、あきらめずに出願してほしいと。
このようなアナウンスは珍しいですが、今のところこれしか言えない状態。

正当な商標使用者(使用予定者)が不利益を被らないように、
特許庁にはさらなる積極的な対応策を早急にお願いしたいです。
後手に回らないように。。。