優先期間の満了の近い案件について、水曜日に特許庁で審査官面接をしてもらいました。
こちらは基礎になる国内出願の審査結果を受けての技術説明です。
発明者さんに熱く語っていただき、拒絶解消の可能性を頂けました。

そして、面接の内容を反映した請求項の補正案を直ぐにまとめて、
その内容でいざPCT出願(国際出願)へ。。。
バタバタでしたが先ほど出願完了しました。

優先期間を気にする処理はいつもドキドキです(徒過する訳にはいきませんから)。
とりあえず今週末は安心して過ごせそうです。