明細書を書いていると、自分では気がつかない誤字、脱字が
どうしても出てしまいます。
自分で書いて、自分でチェックするのは限界があります。

明細書特有のミスとしては、図面に表した構成要素の符号を
間違えたり、符号の漏れが出てしまうことでしょう。

スーパーな事務員さんがいれば、このあたりのチェックは
心得ているので、さらっと指摘してくれます。

しかし、事務員さんがいないので、どうするか。。。
そこで、弊所では、明細書チェックソフトなるものを使っています。

市販でいくつか出ているのですが、この業種特有のソフトなので、
世間的にはあまり知られていないですね。

今は2つのソフトを使ってチェックしています。
それぞれアルゴリズムが違うようで、得意なチェック項目が
異なっています。
両方の特徴をうまく使い分けることで、だいぶミスを防げるので、
とても重宝しています。

機会があれば、さらに他のチェックソフトも試してみたいですね。