本日は、特許庁へ審査官面接(面接審査)へ行ってきました。

中途で代理をお引き受けした案件で、4件まとめての審査です。
4件といっても関連案件になるので、すべて同様な拒絶理由です。
法定期限も同じですから、1回の面接でまとめられて良かったです。

発明者様の熱いお気持ちが伝わったでしょうか。。。
お陰様で方向性が定まり、有意義な面接審査になったと思っております。

発明の内容によっては書面で説明し難いところもあります。
そのようなときに直接審査官とお目にかかって、発明者様から技術内容を
説明(熱く説明!)して頂けると、とても助かります。

この面接で方向性が決まったので、あとは事務所でそれに合致した書面を
作成することになります。

無事に特許査定になることを願います。