9月の中旬から下旬にかけて、中間処理や登録料納付などの
”期限”が決められた処理、いわゆる”期限もの”が多くあります。
いずれも全て処理済みですから、後は待つだけの状態です!

しかし、本当に処理の漏れがないか、ついつい心配してしまいます。。。

特許事務所での”期限管理”について、各事務所それぞれのやり方があると思います。
1.市販の特許管理ソフトを使う
2.年金管理会社と契約する
3.自前の管理ソフトを使う
4.カレンダーにメモしておく
5.頭に記憶しておく…

弊所では、今のところ、3と4の併用です。
自前の管理ソフトは、市販のデータベースソフト(File Maker)を使い、
案件登録や期限リストなど、必要なレイアウトにして使っています。
使いやすいように自分で改良できるので、とても重宝しています。
また、カレンダーやメモ帳など、紙に書いておくというのは、
原始的ですがポイント高いですね。
いつも目の前に大きなカレンダーを貼って、これに期限を書き込んでいます。

いろいろ管理の仕方はありますが、様々な角度、観点でアプローチすることが重要でしょう。
とはいっても、最後の最後は”人(ひと)”になりますかね。
データを入力するのも、データを使うのもですから。。。

開業10ヶ月。カレンダーに書き切れないくらい案件が増えるよう頑張ります!