商標の登録査定が3件きました。
そのうち2件は拒絶理由が通知されていたもので、
補正書及び意見書を提出しての登録査定です。
といっても、形式的な補正で対応可能でしたらから、
悲観的なものではありませんでした。

でも、登録査定が通知されるまでは不安ですよね。

さて、この補正書及び意見書提出から登録査定が出るまでの
期間ですが、わずか数日という驚きの早さでした。
いずれも既に事業化されている事案でしたので、
早期に査定を出していただいた審査官には本当に感謝です。

これでクライアントさんは安心して事業を進められると思います。
良かった~。

昨日めちゃくちゃ痛かった首、少し楽になりました。。。