ホームページ初心者でもそれなりに作成できるWordPress
弊所のHPもWordPressを使って作成しています。
テーマはBizVektor
書店で見つけた本に分かりやすく解説してあったため
そのままBizVektorを使って作っています。

作成当初からフォントが見にくいなぁ、と感じていて、
いつか変更したいと思っていました。
で、前回のブログのように、変更してみた訳です。

BizVektorを使うことで簡単にHPを作成できるのはいいのですが、
少し修正を加えたいと思うと、これが意外に難しい。
まぁ、そもそもHP作成の基本知識が乏しいことが問題なのですが…

BizVektorユーザの中には同じような思いをされている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回、いろいろやり方を探ってみたので、
少しだけ分かったことを書いてみます。

ただし、素人の設定ですので、これが正しいのか、定かではありません。

まず、トップページ。
メニューボタンのプルダウン表示の文字や、
Information、Blogのタイトルの文字は、
テーマにプラグインされたデザインによって決まるため、
変更できそうもありません。
(HPに詳しい方なら変更できるかもしれません。。。)
BizVektorのホームページには、有料、無料のプラグインのデザインが
提供されています。
各デザインのサンプルを見ると、デザイン固有のフォントが設定されている
ことが分かります。

一方、トップページ以外のBlog、Information、他の固定ページのフォントは、
style.cssで変更できそうです。

この際、BizVektor子テーマを作成して、「外観」→「テーマ編集」にて
子テーマのstyle.cssを修正します。
子テーマの作成方法は、BizVectorのHPなどに、いろいろ書かれています。

子テーマを作成したあと、子テーマのstyle.cssにコードを追加します。
今回は、
フォントを「メイリオ」にするコードを追加しました。

以下、子テーマのstyle.cssのサンプルです。
ちなみに、サンプルの/*と*/との間は、
BizVectorのHPにあるサンプルそのままです。

以下サンプルです。 

@charset “utf-8”;
/* Theme Name: ★BizVektor子テーマサンプル★
Theme URI: http://bizvektor.com
Template: biz-vektor Description: Author: ★あなた m9っ・w・)b★
Tags: Version: 0.1.0
*/

@import url(‘../biz-vektor/style.css’)
#content p { font-size:16px; }
#content p { font-family:”メイリオ”; }

ここまでです。

これでメイリオのフォントで表示されます。
ただし、ブラウザがLunascapeでエンジンとしてGeckoを選択している
場合は、ブラウザのフォント設定をメイリオにしても、表示されませんでした。

BizVectorでフォント変更をしてみたい方の参考になれば幸いです。。。