昨日、知人より招待券を頂いていた「Japan Robot Week 2018」へ
行ってきました。


 

 

 

 

 

 

 

ロボットといえば人型ロボットでしょうか。
徹子さんやダ・ヴィンチさんがいらっしゃいました。


 

 

 

 

 

 

 

徹子さんは会話上手。人と掛け合います。


 

 

 

 

 

 

 

このダ・ヴィンチさん、本当にリアルでした。
もちろん、ご本人に似ているかは分かりませんが、
少し離れたところからは本物の人のようです。
もちろん動きもあって、人が前に立つと顔がその人に
向くわけです。
上の写真も、私が横からスマホカメラで撮ろうとしたら、
しっかり顔を向けてカメラ目線にしてくれました。。。
(誰か中に入っているよう。)

Robot Weekでの出展はこのような人型ロボットよりも
産業用や人を補助する機械が多いです。
ハードやソフトなどシステムの進化はすごいです。
これからはロボットを「どう使うか」といった
アイデア勝負になってきた感じです。