商標についてのお問い合わせや特許庁からのアクション、その対応をしていると、
商標の難しさを多々感じています。

明らかに白黒付くものや、商標法上での原則で対応できることは良いとして、
実際の案件では、様々な判断がなされる訳です。
商標も違えば指定商品も違うのですから、
過去の事例が必ずしも適用されるとは限らないのは当然です。

このようにグレーなゾーンで判断したり、戦ったりすることになるので、
そこが面白いところでもあり、難儀なところでもあります。

いずれにしても勉強ですね!