中国・韓国の特許文献を日本語で検索できるシステムの試行版が開始されました。

http://www.ckgs.jpo.go.jp/

特許庁のシステムになります。
日本のIPDL(特許電子図書館)と似たインタフェースで、中国・韓国の公報を
日本語で検索、閲覧できます。

試しに公報テキスト検索を使ってみました。

screen2014111301a

 

 

 

 

 

 

 

IPDLと同様に検索したいキーワードを入れます。
もちろん日本語で!
次に、検索ボタンを押します。
画面が切れていますが、下の方にヒット件数が出ます。

次にスクリーニングのボタンを押すと…

screen2014111303a

 

 

 

 

 

 

 

最初の公報が表示されます。
左側に日本語に翻訳された明細書全文、
右側に第1図が表示され、結構見やすいですね。

キーワードがハイライトされます。
ここで、「ジャンプ」ボタンを押すと、ハイライトされたキーワードへ
次々とジャンプしてくれます。これ便利です!
「次の文献」ボタンを押すと、次の公報が表示されます。

また、右上の「原文イメージ」ボタンを押すと…

screen2014111304

 

 

 

 

 

 

 

なんとEspacenet(欧州特許庁のデータベース)のページへ飛んでくれます!
しかし、原文見てもさっぱり分かりません…

現在は試用版なので平成15年~平成26年7月公開分だけのようです。