このところ中小企業の社長さん、技術者さんとお会いする機会が増えています。
皆さん知財の重要性は感じておられるようで、関心の高さが伺えます。

自社技術を守る特許権を取得するには、それなりの費用がかかります。
出願時、審査請求時、中間処理、登録など、1つの特許権を取得するのには
数十万の費用が必要になります。
中小企業さんにとって費用のハードルはかなり高いと思います。

このハードルを下げる1つには、補助金(支援金)の利用があります。
一定の条件はあるものの、自治体の補助金と特許庁の軽減措置で
20万円以上節約できる可能性はあります。
(自治体の補助金の有無、条件は各自治体によって異なります。)

また、1度も特許出願の経験がない場合には手続の流れが分からず、
権利化までの道のりがとても長く感じられることでしょう。
道のりのハードルについては特許事務所で説明してくれるので、
相談してみて下さい(もちろん弊所でもOKです!)。

1つハードルを越えれば、次のハードルは楽に超えられるかも。。。